中卒就職NAVI~ハンデを跳ね返す戦略まとめ

*

1.就職・転職時におけるターゲットの現状分析  「中卒の就職状況はどうなっている?」

 中卒とは一言で言っても、その状況にはいろいろなものがあると思います。とりあえず中学校を卒業した後、高等学校に入学したけれど、授業や学校の雰囲気になじめない、また経済的な理由で退学せざるを得なかったり、または中学卒業の時点でつきたい職業が決まっており、高校へ進学する理由が特に見つからなかったりなど、様々です。シチュエーションは本当に人それぞれのようです。

 ただ、一般的には、どんな状況にあっても、「中卒」として扱われます。採用の際に多少の区別がされることはあるかもしれませんが、給与や待遇は一緒くたに中卒扱いになってしまうことに注意しましょう。

 さて、その中卒の就職率ですが、実は数値的には大学新卒と変わらないと言われています。大学新卒の就職率は約65パーセントです が、中卒の就職率も同じような値をキープしているのです。
しかし、それは希望する職種にもよります。中卒だと、事務職や営業職といったホワイトカラーの仕事に就くには、やはり難しいとされているようです。その代わり、とび職や介護士のような、中卒からでも資格が取得でき、なおかつ体力を必要とされるような職場では、中卒の人材が珍重されることがあるようです。

2.ターゲットの就職・転職時の強み 「中卒の人材の強みとは?」

 中卒の人材には、大卒や高卒の人材にはない、中卒だけの「強み」というものがあります。それは、他のどの人材よりも、仕事を早く始めることができる、という点でしょう。高校はともかく、大学での4~6年間で学んだ知識は、実は実生活ではあまり役に立たないものが多いのです。そのため、「大学に通って4年以上も時間を無駄にするなんて」と、大学に行くこと自体に否定的な人事も、最近では増えてきていると言われています。

 大学や高校に通って時間を浪費するなら、中学を卒業した時点で就職し、早めに仕事を始めるというのも一つの手です。それによって得られた経験や技術は、大学卒という学歴よりも高く買われることもあります。

3.企業はどのような人材を求めているのか

 中卒で就職活動を始めるには、企業が中卒に求めることと、その他の学歴の人材に求めることとは、異なることを理解しておきましょう。高卒や大卒の場合は、高校や大学で培ったコミュニケーション能力や、在学時に取得した資格の数などを観察されることがありますが、中卒の場合は少し違います。

 では、中卒に期待される強みは何かというと、次のようになります。

・やる気
・労働意欲
・技術の吸収力

 中卒の若者には、高卒や大卒には見られない素直さとフレッシュさとがあります。このような素質は、企業や職場の雰囲気上昇につながりますし、何よりも中卒という学歴で働き出すには必要不可欠です。就職活動中の面接や履歴書の中で、必ずアピールするようにしましょう。

 また、中卒で就職活動をする際、見逃しがちなのが「労働意欲」、つまり精を出して働こうとする意欲です。さまざまな事情があって高校中退や中卒になる人もいるので、生き生きと仕事をしようと思うことはなかなか難しいのかもしれません。しかし、ここでふてくされていては、学歴はもちろん仕事だって手に入らないのです。辛いとは思いますが、働かなくてはならないと決まった以上は、積極的に仕事に参加するようにし、その意志を相手先の企業にもしっかりアピールしましょう。

 さらに、中卒には、他の人よりも仕事を早く始めたからこその経験や技術というものがあります。企業の中には、大学新卒に研修を受けさせて育てていくよりも、仕事の覚えが速く、即戦力になりやすい新卒の方が役に立つ、と考えているところもあります。そのため、いったん就職したら、技術をどんどん身に着けるように心がけ、必要な資格があれば積極的に取得する姿勢を見せると良いと思います。

4.他の求人媒体(ハローワークなど)より転職サイトを利用したほうが良い  ハローワークや転職サイトを使って就職活動!

 中卒で就活を始めるとなると、まず思い浮かぶのはハローワークでしょう。仕事探しと言ったらハローワークというイメージは今でもとても強いです。しかし、ハローワークの他にも、中卒者向けの魅力的な求人を紹介している媒体があります。それは、転職サイトです。転職の求人をメインに紹介していますが、就職のためのサイトとしても活用することができます。

 このような転職サイトの強みは、登録者一人一人にアドバイザーやコンサルタントが対応し、企業へのアプローチの仕方や求人の選び方を教えてくれること、また日本全国の求人がとても多くそろっていることです。もちろん、中卒者向けのアドバイスもプロとして行ってくれるので、就職活動を始めるときにはぜひ頼りたいサイトです。

5.転職サイトを利用して成功した事例  実際に転職サイトを使ってみた人の声

 では、実際に転職サイトを使って就職活動を行い、成功した人の声を聞いてみましょう。

「キャリアアドバイザーの方が、履歴書の書き方や、面接での応答の仕方をイチから教えてくれて助かった。就活の知識なんて全くなかったので、本当にありがたかった。」

 就活のノウハウを教えてくれるのは、転職や就職のプロである大手転職サイトならではの強みのようです。

「未経験でも始められる、中卒者向けの求人がたくさんあってビックリした!」

 一部上場企業としても名をはせる有名転職サイトなら、様々な種類の求人がそろっています。ぜひ、就職活動に役立ててほしいものです。

6.終わりに

 中卒からの就職活動は確かに大変だと言われていますし、また中卒だからと学歴差別を受け、嫌な思いをすることがあるかもしれません。しかし、そこでめげてしまわないプロフェッショナルな精神があれば、内定が決まった後、プロとしてたくましく働くことができると思います。

 中卒や高校中退という学歴を、自ら恥じてしまうようなことは絶対にやめましょう。自分の学歴や勉強してきたことに自信とプライドを持ち、社会では弱みと思われていることを強みとしてアピールできるようなタフさと賢さとを持ってください。

リクナビNEXT
詳細
★★★★★
・転職に成功した約8割の人が利用
・スカウトのオファー数が1か月200万通以上
・幅広い年代層をカバー

公開日:
最終更新日:2015/03/03