中卒就職NAVI~ハンデを跳ね返す戦略まとめ

*

なんで長所と短所を聞かれるのか

   

短所があっても不採用にはなりません

 面接では、なぜ長所と短所に関する質問がされるのでしょうか。絶対ではありませんが就職活動における面接、特にあまり学歴のない人に対しては、ほぼ100%聞かれる質問と言えるでしょう。

 その前にひとつ知っておきたいことは、短所を正直に伝えたとしても、採用が見送られることはないので安心してください。面接官は単純に短所を知りたいというよりも、その短所に自分自身で気付き、どう向き合っているのか、あるいはそれを補うためにどう対応しているのか、という点について知りたいのです。

 単純な質問に聞こえますが、実は奥の深い質問。それがわかれば、きっと適当に答えることはできなくなるはずです。

長所がたくさんあっても採用にはなりません

 逆にこれも知っておいて欲しいのですが、長所がたくさんあったからといって、必ず採用されるとも限りません。これも短所を聞かれるのと理由は同じ。自分のことをどれだけ把握しているのか、その長所をどう活かそうとしているのか、その長所は本当に長所と呼べるものなのか、などについて面接官は探ろうとしているのです。

 長所も短所も、ただ伝えればそれでいいと思っていたら大間違い。その裏には選考に関わるあらゆる要素が詰め込まれているため、どのようなことを面接官が知りたがっているのかを考えながら、この質問の答えを用意しなければならないのです。

【関連記事】
大人の社会はマナーが第一
客観的な面接対策が重要です

 - 面接

  関連記事

大人の社会はマナーが第一

大人としてのマナーと面接のマナー  中卒という学歴は、就職の面接を受ける時点では …

客観的な面接対策が重要です

客観的に見て完璧な対策を  自分を客観的に見ることはとても難しいことですが、面接 …