中卒就職NAVI~ハンデを跳ね返す戦略まとめ

*

中卒でも会社の重要な歯車になれる!そのために初出勤までにしておくべきことを学ぼう!

   

すぐに走り出せるように準備しておこう

 「中卒だから、しょうがないか」と、就職先の会社の人間に思われたらどうでしょうか。なんだか舐められた気がしてしまいませんか?そもそも、就職先の会社の人間が、そんな甘い接し方をしてくれるとも限りません。中卒であっても、社会人としての一歩を踏み出せば、そこには厳しい世界が広がっています。

 そんな世界に飛び込んだ時、最初にどれだけ力強く走り出せるかが重要なポイントとなってくるでしょう。就職してすぐに走り出すためには準備が必要。どのような準備をすればいいのかをここでしっかりと把握し、初出勤に備えておいてください。

集められるだけの情報を集め知識としておく

 まず、集められるだけの情報をしっかりと集め、それを知識として蓄えておかなければなりません。会社の情報、職種の情報、業界の情報を徹底して集めてみましょう。

 会社の情報は、ホームページがあればそれを中心に情報が集められます。その他の情報は新聞やテレビなどの各メディアでも集められるでしょう。インターネット上にも当然、膨大な量の情報が存在していますから、時間が許す限り調べておくといいかもしれません。

 情報を整理し、それを自分の知識として蓄えなければ、あまり意味はないとも思っておきましょう。就職後の仕事に活かすには、理解度を深めておくことが重要なのです。

頭と心に抱いておきたい「覚悟」と「余裕」

 会社や職種、業界の情報をしっかりと吸収しておく、これと同時に行っておきたいのが、頭や心に「覚悟」と「余裕」を抱いておくことです。情報を集めて整理する作業と比べると少し抽象的なイメージがあるかもしれませんが、社会人になる時には決して無視することのできない考え方となるでしょう。

 働き出すと、恐らく壁にぶつかります。それが社会というもの。思い通りにいかず、時には理不尽だと感じる壁も多く立ちはだかるでしょう。それも社会というもの。

 覚悟と余裕を持っていないと、その壁に押しつぶされてしまうかもしれません。初出勤の日まで、もし時間があまりなければ、各情報を膨大な量集めるのは無理かもしれませんが、頭と心に覚悟と余裕を抱くことくらいはできるはず。

 この精神的な整理ができていれば、しっかりとした一歩を踏み出すことができるのではないでしょうか。

【関連記事】
入社式の自己紹介で良い距離感を作ろう
途中入社する時のポイントは控え目な積極性
入社前に必ず目を通すべき入社契約書

 - 入社準備

  関連記事

入社式の自己紹介で良い距離感を作ろう

入社式の自己紹介で意識したいこととは  気合いを入れすぎて、入社式の自己紹介や挨 …

途中入社する時のポイントは控え目な積極性

しゃしゃり出るのとは違う積極的行動を  控え目に、しかし積極的になることはバラン …

入社前に必ず目を通すべき入社契約書

こんな入社契約書だったら入社辞退を申し入れよう  就職に伴う入社というのは、働く …