中卒就職NAVI~ハンデを跳ね返す戦略まとめ

*

中卒就職希望者が知ってほしい正規雇用・非正規雇用の違い

   

中卒就職希望者が正規雇用・非正規雇用の違いを把握して欲しい明確な理由

 中卒で就職経験がない若者たちが、いざ就職するとなると、どうしてもキャリアやスキルを持っていないことから就職活動そのものが不利と考えこんでしまい、正規雇用・非正規雇用の違いも把握せずに、少しでも気になる企業の就職試験を受ける方がいます。

 確かにお気持ちは分かりますが、何でもかんでも飛び込んで良いわけではなく、本来は正規雇用で就職できるチャンスがあるかもしれないのに、非正規雇用で契約を済ませてしまい、挙げ句の果てには、かなり低条件で労働させられるなんて話も十分考えられます。

 世の中には、ホワイト企業と呼ばれるような良心的な企業ばかりではなく、ブラック企業とも言える、悪質極まりない企業もあるため、少しでも不利にならないように正規雇用・非正規雇用の違いを明確に理解しておかないと大変な目に遭いかねないのです。

 基本的に正規雇用は正社員として雇用されることを意味し、非正規雇用は、正社員ではなく一時的な契約社員・派遣労働として雇用される形態を指します。つまり正社員とアルバイトほどの違いがあるというわけです。

 もちろん、非正規雇用の社員に対しても、ある程度待遇を得られる企業もあるので、これが全てとは言いませんが、少なくとも給与面での違いはありますし、非正規雇用でボーナスが入ることはまずありません。しかも非正規雇用には、契約期間が設けられている企業が多いため、最悪、企業の都合で契約期間満了となってしまい、また無職に逆戻りになってしまうなんてこともあるでしょう。

 折角焦って就職しても、非正規雇用であることすら知らずに無駄に職歴だけ付いてしまい、再就職するのが更に厳しくなってしまうなんてことにもなりかねないのです。

 本来なら雇用保険や厚生年金の加入も受けられたはずなのに、非正規雇用ということでそれらの待遇が何一つ得られないなんて話も珍しくはないみたいですし、中卒というネガティブな要因(弱み)に漬け込んで、かなり厳しい労働条件をつきつけられてしまうこともあります。

 本来、正規雇用・非正規雇用の違いがわかっていれば、このような悲劇に見舞われる前に、入社を避けることでトラブルを回避できたのに、違いが分からずに入社し後悔してしまうなんてことは良くある話です。そういった最悪の事態に陥らないようにするためにも、特に中卒の就職希望者は、正規雇用と非正規雇用の明白な違いを把握してほしいものです。

正規雇用・非正規雇用を知らない中卒就職希望者に仕掛けられる罠

 先程もお話したように、正規雇用・非正規雇用の違いを明確に分かっていないと、重労働を強いられてしまうこともあるのが、中卒の就職希望者によく見られる光景。しかも、それがブラック企業であった場合、本来正規雇用契約として入社してきたにも関わらず、労働条件で非正規雇用以下という最悪のケースもあるかもしれません。

 立場が弱いこと良いことに、大きな罠を仕掛けてくることもあるわけです。実際にブラック企業によって過労死や自殺など、命を落とす社員がいるのは事実です。それが中卒かどうかは別としても、一番立場が弱い社員がターゲットにされている事実には変わりありません。

 もちろんそんな企業ばかりではないのも事実ですが、正規雇用で受けられるべき待遇・非正規雇用との違いをしっかり企業に確認し、理解しておかないと、後で話が違うなんてことにもなりかねません。

 また、非正規雇用という立場の悪さを利用され、さらに待遇が悪くなっていくことも十分考えられる話ですので、しっかり事前に確認する癖をつけ、くれぐれも正規雇用・非正規雇用の違いも知らずに安易に入社を決めるのは止めましょうね。

 中卒の就職希望者が、そのことを知らないために犠牲になってしまわないことを切に願っています。

【関連記事】
求人情報媒体のひとつ、ハローワーク
後悔しないための求人票チェックポイント
ポイントを押さえて良い求人と出会いましょう

 - 求人情報

  関連記事

ポイントを押さえて良い求人と出会いましょう

「声」の多い求人は良い求人  良い求人とは、どのような内容のものを指すのでしょう …

後悔しないための求人票チェックポイント

すぐに鵜呑みにするのは危険な求人票  就職というのは、一度することで見えてくるこ …

求人情報媒体のひとつ、ハローワーク

ハローワークで得られる情報とは?  就職のために利用する媒体を思い浮かべた時、ハ …