中卒就職NAVI~ハンデを跳ね返す戦略まとめ

*

入社前に必ず目を通すべき入社契約書

      2015/08/04

こんな入社契約書だったら入社辞退を申し入れよう

 就職に伴う入社というのは、働く人と会社の契約の上に成り立っています。この時の契約を交わすための書類が入社契約書と呼ばれるもの。ここには契約内容が書かれており、それは会社が提示したもので、それに目を通してからサインをし提出することで契約が結ばれたことになります。

 注意点は、その目の通し方。最初から最後まで見落としがないように、とにかく読み込むこと。そして、もし以下のような内容やおかしな点が出てきたらサインを控えることです。

 求人に掲載されている条件等と違う、面接の時に聞いた条件等と違う、労働基準法に違反している可能性がある、給与や仕事内容などの知りたい情報が書かれていない、もしくは曖昧、そもそも紙の入社契約書を出してこない。こんなことがあれば入社を検討し直しましょう。

疑問は解決してから提出するように

 入社契約書に目を通していると、どこかで疑問点と出会うかもしれません。例え明確におかしいと感じる部分ではなくても、疑問点があったら一旦考え直すべき。サインをして提出するのは、その疑問を解決してからです。

 疑問解決の方法としては、周りの大人や就職経験者に聞いたり、会社に直接尋ねてみるなどがあります。ネットで調べてみてもいいでしょう。

 解決するまで提出期限を待ってもらうことも、時には必要となるかもしれません。

【関連記事】
入社式の自己紹介で良い距離感を作ろう
途中入社する時のポイントは控え目な積極性
中卒でも会社の重要な歯車になれる!そのために初出勤までにしておくべきことを学ぼう!

 - 入社準備

  関連記事

入社式の自己紹介で良い距離感を作ろう

入社式の自己紹介で意識したいこととは  気合いを入れすぎて、入社式の自己紹介や挨 …

中卒でも会社の重要な歯車になれる!そのために初出勤までにしておくべきことを学ぼう!

すぐに走り出せるように準備しておこう  「中卒だから、しょうがないか」と、就職先 …

途中入社する時のポイントは控え目な積極性

しゃしゃり出るのとは違う積極的行動を  控え目に、しかし積極的になることはバラン …