中卒就職NAVI~ハンデを跳ね返す戦略まとめ

*

客観的な面接対策が重要です

   

客観的に見て完璧な対策を

 自分を客観的に見ることはとても難しいことですが、面接対策をする上では必要不可欠なものとなります。

 服装に関して不備はないかは、鏡を丹念に見ることでチェックできるでしょう。姿勢や喋り方などはビデオで撮影して見返してみることで確認できると思います。携帯電話やスマートフォン、パソコンのカメラ機能などを使い、客観的に見て恥ずかしくないかをとことんチェックすることで、面接対策としていくことが可能です。

 何が正しいのかわからなくなった時には、その姿や練習風景を他人に見てもらいましょう。姿勢、喋り方、その他のマナーについて指摘をされたら、「よし、これでまた対策ができた」と喜ぶべきです。

シミュレーションを重ねましょう

 面接対策にはシミュレーションが欠かせません。客観的に見るためのものともなりますが、あらゆる状況において対応できる能力を、このシミュレーションでは鍛えることができます。

 例えば、何人もの応募者で同時に面接を行うことも出てくるでしょう。それに対するシミュレーションをしているのとしていないのとでは、きっと結果も変わってくるはず。

 よく聞かれる質問を全く聞かれなかった時、答えを用意していなかった質問に対応できるかどうかも、シミュレーションをどれだけこなしてきたかによって変わってきます。

 このように、面接対策はシミュレーションによって講じていかなければなりません。これでもかと模擬面接を繰り返し、完璧な対策をしておきましょう。

【関連記事】
大人の社会はマナーが第一
なんで長所と短所を聞かれるのか

 - 面接

  関連記事

大人の社会はマナーが第一

大人としてのマナーと面接のマナー  中卒という学歴は、就職の面接を受ける時点では …

なんで長所と短所を聞かれるのか

短所があっても不採用にはなりません  面接では、なぜ長所と短所に関する質問がされ …