中卒就職NAVI~ハンデを跳ね返す戦略まとめ

*

気になった会社を知る作業、企業研究

   

表面的なことから徐々に内情へ

 既に気になっている企業はありませんか?今はなくても、これから求人を探していく中で、必ず気になる企業というのは出てくるはずです。そんな時、その企業についてより詳しく調べておく作業をしなければなりませんが、これが企業研究と呼ばれるものです。

 これもどこか難しそうな印象を受けるかもしれませんが、企業について調べるだけですから、やはり特別難しいというわけでもありません。興味がある人や物についてはとことん調べるはず。それと同じようなことを企業に対して行えば、次第に企業像というものが見えてくるはずです。

 企業研究は、一気にその企業の全てを知ろうとしないことがポイント。表面から、次第に内側へと探っていくやり方の方が本質が見えやすくなるでしょう。

最終的に知るべきポイントとは

 企業研究をして、最終的に何を知ることが重要なのか。それは、あなた自身との相性です。企業の本質を知ったからといっても、あなたとの相性がよくなければ働く意味はないはず。まずは企業を知ることですが、徐々に自分とのマッチングを行い、最終的に応募するかしないかの判断をしてください。

 業績、社員数、理念、社訓、創業者、業種、仕事内容、こうしたことは表面的なことですが、それぞれを更に詳しく見ていくと、人の好き嫌いを判断するのと同じように、企業に対しても好感を持ったりそうでなかったりしてくると思います。こうした感覚や感情というのも、相性を判断する上では必要になってくるでしょう。

 もちろん、自分がやりたいことであるか、将来的に自分が成長できるかどうかも重要な判断基準となるはずです。

【関連記事】
就職活動計画は難しくありません
就職するタイミングはどこ?

 - 就職準備・進め方

  関連記事

就職するタイミングはどこ?

良いタイミングは気持ちと身体が整った時  あなたが普段、どのような生活をしている …

就職活動計画は難しくありません

いつまでに就職したいかを考えてみよう  就職活動は、何か難しいことの固まりのよう …